昭和大学藤が丘病院 循環器内科|神奈川県横浜市

私たちについて

昭和大学藤が丘病院循環器内科は、昭和51年3月に初代の故・春見建一教授によって創設されました。
現在は、冠動脈疾患に加えて、再生医療の実現も視野に入れ末梢動脈疾患に対する
インターベンション治療も積極的に行ってきております。
今後も、実臨床、教育はもとより、臨床研究、基礎研究ともに第一線の活動を行い
循環器病学の発展に寄与できるよう努めていきます。

学生・研修医の皆様へ

当科の目標は、CCU診療、冠動脈造影検査、ペースメーカー植え込み、心臓抗音波検査の施行と読影を1人でできる循環器内科医を育てることです。やる気のある皆さんの入局をこころよりお待ちしています。

女性が働きやすい環境づくり

当科では、結婚や出産・育児などのライフイベントのためにキャリアを中断することがないよう、
女性医師が働きやすい環境づくりを行っています。

患者の皆様へ

横浜市の北部地域の中核病院として循環器疾患の治療を
積極的に行っております。

ご紹介くださる先生方へ

当院では地域の基幹病院としてまた高度医療機関として
診察に取り組んでおります。

Page Top